日本文芸家クラブ事務局

2019年1月22日 理事会及び総会

理事会は、2019年1月22日、午後3時30分より午後4時30分まで、ホテルアルカディア市ヶ谷で開かれました。
出席者は、志茂田景樹、睦月影郎、矢月秀作、とやまみーや、北山悦史、芦川淳一、霧原一輝、内藤みか、桜井真琴、小川洋、橘真児、早見俊の各氏です。(順不同)
総会は、同日同場所において、午後4時40分より午後5時30分まで開かれ、理事のほか、3名の会員の方が出席されました。

1 クラブの経理関係について
副事務局長のとやまみーや氏より、今年度より非営利団体になる旨の説明がありました。

2 副事務局長の体制について
副事務局長のとやまみーや氏より、同氏が事情により実務を行えないことが多くなることを踏まえ、サポートととして桜井真琴氏が副事務局長となり、実務をふたり体制で行う旨の説明があり、理事会に承認されました。

3 文芸随筆について
小川洋氏を中心として、1月の刊行を目指しておりましたが、レイアウト等の変更があり、刊行時期が後ろにずれこむことの説明がありました。

4 リレー小説について
矢月理事長より、同氏が多忙のために執筆がとまっている旨の説明がありました。執筆締め切りについてのリスケジュールの確認がありました。

5 次回総会について
次回総会は、2019年6月24日(月曜日)に、ホテル・アルカディア市ヶ谷で開かれます。
皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加くださるようお願いいたします。

文芸随筆と電子書籍について
–文芸随筆は年一回のペースで発行の予定です。
–電子書籍については、依頼を受けた出版社から会員の方にご連絡差し上げます。

2019年1月22日 新年会の報告

1月22日、理事会及び総会のあとに
18時から20時15分まで、ホテルアルカディア市ヶ谷6F 霧島(東)にて新年会が開かれました。

 

 

また、この日、新入会員の小鳥遊葵氏からの挨拶もありました。

インフルエンザ等もあり、ご出席をキャンセルされた方も多くいらっしゃいましたが、ゲストを含め40人ほどご参加いただき、盛会のうちに幕を閉じました。

今回は初めての出版社様のご出席も多く、会員である作家の皆様との交流がつくられたのは非常によかったように思います。

 

次回懇親会は、2019年6月24日(月曜日)に、ホテル・アルカディア市ヶ谷で開かれます。
会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加くださるようお願いいたします。